脱毛に日焼けは禁物?

脱毛サロンで脱毛を受ける際、日焼けをしないようにいわれます。

それは、日焼けした直後のお肌は、紫外線からのダメージを受けて弱っているので、その状態で脱毛機器の光を当てると、お肌のトラブルを引き起こす可能性があるからです。

脱毛機器の光は、光の熱によって毛母細胞の働きを弱めるパワーを持ち、その強力なパワーをお肌に当て熱を発生させるので、元々弱っているお肌の細胞が日光にあたると、さらにダメージを受るからです。

お肌が弱い人は、日焼けした状態で脱毛機器の光を浴びると、やけどするリスクもあるので気をつけたいです。

ですので、脱毛をしようと思ったら、数ヶ月前からUVケアを念入りに行って、日焼けをしないようにしましょう。

日焼けの程度が軽く、火照りもないようでしたら、2週間ほど間隔を空けて皮膚を休めれば脱毛ができる場合が多いようですよ。

また、実際に脱毛マシンで光を当ててみて、お肌の反応をテストしてから施術日を決めるサロンもあるそうです。

また他の理由は、脱毛の施術を受けた後は、脱毛機器の光によってお肌がダメージを受けているので、強い太陽の光を浴びてしまうと、シミができたり、火傷したりする恐れがあるからです。

施術をした日はもちろんのこと、脱毛施術後1週間ぐらいは帽子をかぶったり、長袖などを着て陽射しがお肌にあたらないように努めましょう。

↓↓↓【Web限定】ラットタット(rattat)の全身50部位脱毛初月0円はこちらから↓↓↓


ひまわり証券でFXを